新年、明けましておめでとうございます。
皆様におかれましては、輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。
また、日頃から温かいご支援ご協力を賜り、心からお礼申し上げます。

 

「LM TOKYO株式会社」のLED事業「LED TOKYO」では、フェンシングやバスケットボールなど革新的な進化を遂げるスポーツ分野のほか、アーティストによるコンサートやミュージックビデオでの表現や演出、“新たな体験”を生み出す事業やサービスにおいて“LEDビジョン”を導入し、LEDの総合ブランドとして飛躍的な進歩がありました。

また、民泊・体験運営サービス「NOMAD」では、「住宅宿泊事業法(民泊新法)」の施行など転換期にある民泊業界においても、千葉県での民泊物件数シェア率1位のノウハウを活かし、宮崎県日南市、埼玉県戸田市への展開をはじめ、地域の方と協働し民泊事業を運営することで地域活性化を目指しています。

「LM TOKYO株式会社」は常に進化し続け、未来のテクノロジーとサービスを提供いたします。

 

LM TOKYO株式会社:https://lm-tokyo.co.jp/
LED TOKYO:http://led.led-tokyo.co.jp/
NOMAD:https://www.nomadjapan.jp/

 

「株式会社エクワインレーシング」では、育成馬のデビューや重賞競走優勝などの活躍はもちろん、獣医師が運営する育成牧場という特性を活かすため、海外での研修や研究発表、シンポジウムでの講演等々、医学的、科学的根拠に基づいた調教をするための活動にも力を注いでいます。
また、2018年9月6日に被災した「平成30年北海道胆振東部地震」では、お預かりしている育成馬の健康と安全のため、迅速で適切な対応で復興に努めました。

育成厩舎には8馬房を備えた新厩舎も増設し、本年も、より多くの馬を適正な管理の元、健康な状態に維持し、早期のデビューや勝ち上がり、故障からの復帰、勝てなくても一つでも着順を上げる事などを目的に努めてまいります。

 

株式会社エクワインレーシング:https://equineracing.jp/

 

「株式会社アウトオーバー」では、Ferrari Formula One Rendez-Vous Party 2018、ISPOR Asia Pacific 2018のステージディレクションから、“金賞”を受賞した高知よさこい祭りDDよさこいチームでのクリエイティブディレクション、ASTON MARTIN DBS Superleggera LAUNCH EVENT、Audi e-tron Vision Gran Turismo NIGHT IN TOKYOなどの自動車メーカーによる新車発表会、展示会などの製作を手掛けました。

本年も、広告代理店様、製作プロダクション様、事業者様と共に、音響、照明、映像、特殊効果などの専門知識を要するハイクオリティなイベント実施を実現していきます。

 

株式会社アウトオーバー:https://outover.jp/

 

「HCproject株式会社」の運営する期間限定コンセプトショップ「ハローサーカス」では、初の全国ツアーとして、熱海、大阪、金沢での開催を約200組のHC作家と各地元の方にご協力いただくことで実現し、その人気が“新たな地方創生”にもつながると大きな反響を呼びました。

活動7年目となる本年も、全国さまざまな地域での開催を予定しており、今後の展開に期待が高まっています。

 

ハローサーカス:https://hellocircus.jp/

 

社内デザイン担当部署「LiNK-UP DESIGN (LUD)」では、これまでのエンタテインメントを中心としたデザインの能力と実績を活かし、国内外アーティストのアートワークやグッズはもちろん、イケてる資料制作、イージーレタッチ、目を引くロゴ制作などの企業向けのサービスを本格的に開始しました。

『デザインで日々を楽しく』
本年もスタッフ一同、デザインの力で“お客様の想いを可視化”できるよう、つねに遊び心を忘れずデザインに取り組んでいきます。

 

LiNK-UP DESIGN:https://design.l-up.co.jp/

 

このほか「LiNK-UP株式会社」では、企業への出資・経営サポート・管理サポート、また「ビーフインパクト松戸店」の運営と、事業・サービスの成長を、あらゆる角度からバックアップしていきます。

『もっと稼ごう!より楽しく!!』

本年も、少し先の時代に合った「楽しい」を共に創る「お手伝いする株主」として、更なるサービスの向上に努めて参りますので、より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

 

LiNK-UP株式会社
代表 小田 吉男

 

LiNK-UP DESIGN
デザイナー 鈴木 知一