12月9日、弊社が出資している「LM TOKYO株式会社」のLED事業部「LED TOKYO」は、公益社団法人日本フェンシング協会主催「エイブルPresents 第71回全日本フェンシング選手権大会 決勝戦」に協賛し、会場となる「東京グローブ座」に「大型LEDビジョン」を設置しました。

スポットライトに照らされた神秘的なステージもさることながら、ダンサーによるオープニングセレモニーで始まる革新的な演出。

ステージ背面に設置された「大型LEDビジョン」には、得点、選手の名前や所属、身長、年齢と共に、リアルタイムで心拍数を表示するなど、可視化することで臨場感を高める情報が発信され会場を感動と興奮に包みました。

2020年の東京オリンピックを前に、全国から予選を勝ち抜いてきた選手達が一挙に集結した今大会は、フェンシングだけでなくスポーツの在り方自体を覆す、まったく新しいエンターテインメントを見せてくれました。

 

■LED TOKYOのLEDビジョンがスポーツを変える
LED TOKYOは、昨年日本で開催されたフェンシングの世界大会「高円宮杯 FIE FENCING WORLD CUP TOKYO 2017」、前回大会の「第70回全日本フェンシング選手権大会」にも協賛しており、壁面の大型LEDビジョンと、決勝で使用される“ピスト(フェンシング競技における試合場)”に床面LEDを設置した実績があります。

今大会では、横8メートル×縦3メートルの「大型LEDビジョン」を設置し、非常に重要度の高い映像による情報発信及び演出を担い、新たな時代へ向かうフェンシング発展のためにサポートさせていただきました。

LEDビジョンは映像や文字情報を映し出すだけでなく、会場を盛り上げる派手な演出が可能です。

フェンシングの試合以外にもバスケットボールやフットサル、卓球などスポーツ分野での応用はもちろんのこと、アイディア次第で様々なイベントへの利用が期待できます。

 

・LEDの総合ブランド「LED TOKYO」:http://led.led-tokyo.co.jp

 

弊社「LiNK-UP株式会社」は、「LED TOKYO」を運営する「LM TOKYO株式会社」に出資しています。

 

「もっと稼ごう!より楽しく!!」

「LiNK-UP株式会社」は、「お手伝いする株主」として事業やサービスの更なる成長をあらゆる角度からバックアップします。