弊社出資先「LM TOKYO株式会社」のLED事業部である「LED TOKYO」は、2019年10月24日から27日までの4日間、インテックス大阪にて開催された「ツーリズムEXPOジャパン 2019」出展の、北関東三県広域観光推進協議会とマレーシア政府観光局のブースに、LEDビジョンを設置しました。

 

「ツーリズムEXPOジャパン 2019」は、公益社団法人 日本観光振興協会、一般社団法人 日本旅行業協会、日本政府観光局(JNTO)の主催する世界最大級の旅の総合イベントです。

色華やかな民族衣装やご当地グルメ、世界各国の最新の旅情報が入手できるほか、本場のステージパフォーマンスもあり、一緒に踊って、触れて、世界一周気分が楽しめる旅の祭典です。

 

LED TOKYOは、茨城県、栃木県、群馬県の北関東三県で構成する「北関東三県広域観光推進協議会」が、東武鉄道、JR東日本大宮支社と共同出展した「あなたの知らない茨城・栃木・群馬 ミチのキタカン 北関東」ブースに、2.8ミリピッチ、横3.5メートル×縦2メートルのLEDビジョンをトラス上に専用クランプで固定し設置しました。

ブースの目印となる高い位置に設置されたLEDビジョンには、茨城・栃木・群馬それぞれの魅力はもちろん、ブース内のあらゆるコンテンツに関する映像などが放映され、情報の発信と注目を集める役割を担い大盛況のブースとなりました。

 

また、マレーシア政府観光局のブースに、5.95ミリピッチ、横3メートル×縦2メートルのLEDビジョンを木材で固定し設置しました。

東南アジアの中央に位置する多民族国家であるマレーシアの魅力を伝えるため、ブースではヘナアートや伝統手工芸の体験や民族舞踊ショー、クイズ大会などが開催され、連日大きな盛り上がりを見せました。

 

両ブースともにLEDビジョンが活躍した本展示会には、日本全国、世界100ヶ国と地域、1,475の企業・団体が参加し、4日間で15万人以上が訪れたことでさらなる話題を呼んでいます。

 

LEDビジョンは、パネルの組み合わせだけで大きさや形を変更できることから、様々なサイズの展示ブースにも臨機応変に対応し、スタイリッシュに魅せることができます。

また、コスト面の節約にもなるレンタルサービスを利用すれば、大型フェス、スポーツ大会、音楽イベント、発表会、展示会などの短期イベントで大活躍のLEDビジョンを、行き届いたサポート体制で導入できます。

「LEDビジョン」でお困りの際は「LED TOKYO」までお問合せください。

 

・LEDの総合ブランド「LED TOKYO」:https://led.led-tokyo.co.jp

 

弊社「LiNK-UP株式会社」は、「LED TOKYO」を運営する「LM TOKYO株式会社」に出資しています。

 

『もっと稼ごう!より楽しく!!』

 

「LiNK-UP株式会社」は、「お手伝いする株主」として出資はもとより、事業やサービスの更なる成長をあらゆる角度からバックアップします。