弊社が出資している「LM TOKYO株式会社」のLED事業部「LED TOKYO」は、2018年12月29日~31日の3日間にわたり開催された超巨大イベント「コミックマーケット95」会場である、東京ビッグサイト 東7ホール内「にじさんじプロジェクト」展示ブースに、LEDビジョンを導入しました。

 

■LEDビジョンによる訴求力の高さは大きな魅力に
全キャラクターが描かれた「にじさんじプロジェクト」の巨大な展示ブースでは、人気のグッズ販売が行われ長蛇の列となったほか、ブース袖に設置されたLEDビジョンに映し出されたコラボレーションによる“生配信”も注目を集めました。

こちらのLEDビジョンは、28枚のLEDパネルを組み合わせ、横3.5メートル×縦2メートルの大画面を実現。
照明などに照らされた屋内でも、それ以上の明るさを持つ高精細のLEDビジョンは、訴求力の高さで会場を盛り上げました。

LEDビジョンは、“新たな文化やテクノロジー”を伝える手段としても、大きな力を発揮します。

 

■イベントの“モニター”にはLEDビジョンのレンタルが最適
LEDビジョンは、パネルを組みあわせるだけでサイズ変更が可能なことや、比較的設置も簡単なことから、様々なイベントへの導入が広がっています。
サイズの自由度は非常に高く、例えば、入口の狭い屋内などの会場でも、小さなパネルを持ち運ぶことができれば、入口の大きさ以上のLEDビジョンを実現できます。

また、大型フェス、スポーツ大会、音楽イベント、発表会、展示ブースなどで大活躍の最新LEDビジョンを「レンタル」にて導入することが出来ます。
購入となると高額且つ物理的な倉庫の確保など大変な手間がかかりますが、レンタルではコスト面を節約出来るだけでなく行き届いたサポート体制で利用することが可能です。

 

・LEDの総合ブランド「LED TOKYO」:http://led.led-tokyo.co.jp

 

弊社「LiNK-UP株式会社」は、「LED TOKYO」を運営する「LM TOKYO株式会社」に出資しています。

 

「もっと稼ごう!より楽しく!!」

「LiNK-UP株式会社」は、「お手伝いする株主」として事業やサービスの更なる成長をあらゆる角度からバックアップします。