12月6日に船橋競馬場で行われた「第63回クイーン賞(GIII・3歳上・牝・ダ1800m・1着賞金2100万円)」にて、弊社が出資している「株式会社エクワインレーシング」の育成馬“プリンシアコメータ”が出走し優勝しました。

本レースで1番人気のプリンシアコメータは岩田康誠騎手騎乗で出走、先手を取ったままゴールまで逃げ切り、2着の2番人気アンジュデジールに3馬身差をつけ快勝。

「株式会社エクワインレーシング」の育成馬が重賞レースで優勝するのは今回が初となり、今後のプリンシアコメータの活躍とともにエクワインレーシングの育成が楽しみな結果となりました。

 

今回優勝したプリンシアコメータは、父スパイキュール、母ベルモントフェリス、その父アジュディケーティングという血統で、前走の「JBCレディスクラシック(GI)」では2着と期待を高めていました。

 

「株式会社エクワインレーシング」は、北海道むかわ町にある、獣医師でもある瀬瀬賢が代表をつとめる競走馬の育成・馴致・調教場です。

科学的なトレーニング法を背景に、育成後期や競争期の若馬に多く見られる“ソエ”や“骨瘤”を発症するリスクを減らす為、脚もとへの負担が少なく、心肺機能を鍛えることが出来る“日本最大級”の直線1000mの坂路(勾配3.5%、ラスト1F 6%)を使っての調教と、獣医師による早期診断と治療により故障のリスクを最小限に抑えた個体管理を行っています。

株式会社エクワインレーシング
http://equineracing.jp/

弊社「LiNK-UP株式会社」は「株式会社エクワインレーシング」に出資しています。